忍者ブログ

ピンポン

監督 曽利文彦  公開・2002

いきなり橋から飛び降りるとこから物語スタート。ここの橋とか風景とか全部本物を使っていると思いきや、CGだったなんて…!気づかないほどリアルに、物の匂いとかしてくるから、本当に技術力すごい…。匂いと言えば、卓球タムラの古臭い道場!ここも本当にある場所から、監督のイメージに近づけるためCGなど駆使したようですが、本当に、匂ってきますよね…。狭苦しいところで卓球をやっているこの暑苦しさ!雰囲気のある道場は物語のメイン場所といってもいいのでは?ここでぐっと掴まれる感がありました。

主人公ペコのちんぷんかんぷんな性格。言動が普通ではないところがキャラの魅力。ドラゴン、チャイナ、アクマ、そしてスマイル。全て一人ひとりが埋没していない性格。これが物語の基本なんですね…。

ペコとスマイルは特殊な間柄だと思います。
そう、スマイルがちょっと普通じゃない。ペコのおかしさに気を取られてしまうけれども、ペコは意外と普通。過去、泣いていたスマイルを助けてくれたのがペコなんだけども、それがヒーローに見えてしまった。そして卓球まで教えてくれた。その記憶って永遠なんだよね、スマイルにとっては。誰しも助けてくれた人っていうのは記憶に残って高尚な存在になるのはわかるのだけども、いつだってそれが永遠ではないよね…。あの時の記憶の中の人だよね。しかしスマイルはペコを、永遠のヒーローにするんだよね。小さいときから一緒だから、どちらかが引っ越しとかしない限り青春時代はずっと一緒だし、一緒にいる限りはヒーロー続けてほしいし。スマイルはあの時のまんま、神社の階段で泣いてたあの時と全く変わっていない純真さなのだよね…。
ペコはそんなスマイルの存在が鬱陶し…くはないけども、ちょっと心配ぎみだし、そんな風に思ってくるスマイルを引き離したいようなそうでないような。

才能とはなにかというのも、この物語は問いかけてくる感じですよね。スマイルの方が才能があるというのはチャイナの反応しかり、もうすでにペコもわかっているんだけども、当の本人は全く気にしていない。そんなものスマイルにとってはどうでもいい暇つぶしだと…。卓球が好きというわけじゃないんだよね…そこがペコやアクマとは違う。才能があればいいというわけじゃない、そこには「好き」ありきだから。ペコは卓球が好きで好きでたまらない。だから負けるのもくやしいし、スマイルの才能に怯えているようにも思える。しかし、「才能」がそんなに重要か?ドラゴンとペコの試合、ドラゴンは卓球の鬼。練習練習で勝つことのみこだわる。しかしそれ以前のものを忘れてしまった。そう、「好き」っていう気持ち。ペコが卓球の楽しさを試合を通してドラゴンに教える。原点は 楽しい これにつきるんだよね。だから、心の持ち方が一番、才能に関わってくる。だからそれほど重要ではないということがわかる。現にペコは本物のヒーローになる。

ペコをヒーローにしたスマイル…このふたりなくしてピンポンはない。ヒーローを待つ。絶対に信じている存在。それに応えるペコ。お互いの存在がお互いを照らして、強くなるんすね…最後のスマイルの笑顔の写真。よかった…。決勝のペコスマ試合、スマイルは手を抜いたのか、本人は手は抜かないと言ってましたが、「カッコ悪いペコを見たくないから」と言う、永遠ヒーロー像は決して変わることがないので、本人は自覚ないですが手は完璧に抜くだろうな…と。 面白い関係ではないですか!

しかし心に残った台詞は、ドラゴンの「君(スマイル)と語らいたいのだ…」とアクマの「来るな…少し泣く」 です。アクマはかっこいい。

サウンドと映像の融合がはんぱないので、本当にリズムを刻むように見れるし、物語を引き立たせるってうのはこういうこと…みたいな。原作を知らなくても普通に入り込めるし、原作の漫画との違いなども気になるところ。電車のシーンか何かでエキストラとして松本大洋さんが出演しているらしく、ファンにとってはたまらん一作なのだなぁと思います。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)