忍者ブログ

言の葉の庭

監督 新海誠 公開・2013 

いや美しかった…雨の日に見たくなる作品ですね。もちろん晴れの日に見たって作品の素晴らしさは変わらない…。水と緑が綺麗でした。雨つぶがこんなに美しいなんて、日々、雨の日やだなーって思うのですがこれを見ると雨って素敵やん…と思える。霧のたちこめる公園、見ず知らずの男女が東屋で出逢う。雨の日は午前の授業をさぼりここへ来るタカオ。そして謎の美女。社会人なんだけど時間帯的にこの人もさぼり…?後にこのミステリアスなお姉さんの素情が分かるのですが。出逢って早々、短歌を残し去る女性。「雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」…万葉集にでてくる短歌だそうです。意味は「雷が鳴って雲が広がり雨が降ってくれたら貴方をここに留められるのに」だそう。この短歌が最後、また効いてくるのですが、はじめは何?何言ってんのこの姉ちゃん…としか思えないんですよね。けど、いい!そのミステリアスなところ、惹かれてしまう。そのミステリアスな大人の女性というところにタカオも惹かれていくわけなのですが。タカオ、15歳の高校生だけど明らかに精神年齢高すぎでやばい。この歳でちゃんとやりたい目標があるというのが周りの学生と違うところ。しかも靴職人て…マイナーにもほどがある。しかもちゃんと専門学校行くための資金をバイトで稼いでいるし、欠点がまるで見つからない。欠点なのかどうかわからないけど、周りのことにあまり興味がないのか、ひたすら自分の世界に没頭するとこは良いとこでもあり悪いとこでもあるような。ミステリアスお姉さんは後にタカオの学校の古典の先生、ユキノさんということがわかるんだけども、そのことに気づかないタカオですから…。学校でも違う世界に住んでいたタカオだからこそユキノを救えたと思う。ユキノの抱える問題は本当に理不尽で彼女は何一つ悪くないことで。壊れた心を治すための雨…なのかもしれない。うまく歩けなくなったユキノに歩きたくなるような靴をつくる…泣ける。ここで何故タカオが靴職人を目指すというキャラになったのかがわかります。流れる音楽、風景、季節が六月から冬に至るまで。風景は実写に近いんだけども、実写じゃないのはとても綺麗な部分を切り取っているかのように思えること。街並みとか電車とか全てが美しいんだよね…。すべてたぶん実在する場所なんだろうけど、そりゃ聖地巡礼したくなるよっていう感じです。あの世界に住みたくなるんですよね。そして初めの短歌の返しでタカオが「雷神の 少し響みて 降らずとも われは留らむ 妹し留めば」と言う。訳は「雷が鳴って雨が降らなくても私はここに留まるよ貴方が引き留めるなら」…良い…。短歌で思いを言いあうって素敵やん。ユキノは27歳、年齢差12だけど、この年齢差が良いよね…!27歳でババアはいけない…全然まだ若いから!!これだけ年齢が離れていてもタカオの精神年齢では追いついてると思う。俺はあの人からしたらただのガキだ…ってタカオ言ってるけどガキじゃない…。これからが末恐ろしいよ。ユキノとタカオの遠距離恋愛と、靴職人になるタカオの未来。どちらも気になる感じで物語は終わり…途中、秦基博の「Rain」という曲が流れるんですが、感情が高まるシーンとともにやってくるので管理人、ドキッとした…。きたぁぁぁぁ!って感じで。作中のタカオがユキノの足に触れるシーンもドキドキしたし、エロいことしてないんだけどこう艶っぽいというかね…まじめに靴作ってるんだけども。とにかくよかった…。音楽にもかなりこだわっていて。非常に芸術度が高い作品でした。雨の日に何度もみたい…。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)