忍者ブログ

魔女の宅急便

監督 宮崎駿  公開・1989 

数年ぶりの更新…いつもサイトを覗いてくれてる方々に感謝。管理人、生きてます。なかなか映画の感想書くぞって気になれなくて数年。やっと書こうと思えました。やっぱジブリ最強。ジブリってほんとたまに無性に見たくなる。そして魔女の宅急便は何度も見てますが飽きない…!

OPから野原に寝そべるキキ。風がとても気持ちよさそうに吹いています。ちょっと強いくらいの風。物語の初めから最後までこの風はとても重要な感じになっておりまして。ストーリーを加速させるのに、何度も風を吹かせるわけです。キキの初仕事は強風によりお届け物が飛ばされ、飛行船は強風によりロープが切れ空へ…。あと箒にのってる浮遊感がたまらないですね。上から見た街並みとか、キキ視点の風景で見ている者も飛んでいるかのような錯覚に…。13歳で一人立ち。田舎から大きな街へ移り住む。海の見える素敵な街だけど、中に入ってみれば結構冷たい人達…。頼るものもなくて希望を持って行ったのに、一瞬で理想みたいなものが崩れる。魔女だけど、ただの未成年としか見られないし、キキ、街の洗礼をうける姿は見ていて、がんばれ!とキキのお袋さんのように見守るわけで。そんな不安ななか、トンボっていうなんかチャラい男の子にナンパされ、レディに話しかけんな!!とブチギレ。ほんとただのチャラ男なんだけど、物語が進むにつれて別にチャラくなくない?ただの好青年なんじゃない!?ってなる。夢に向かってまっしぐらの社交的なリア充。友達も多くて~みたいな。キキがムカつくのもなんとなく分かります。やきもちも入ってると思うけど、街に馴染んでる羨ましさというのもあるような。そして同世代の女の子はオシャレでボーイフレンドもいて。それに比べキキは黒い服。で、宅急便という仕事。そのギャップがちょくちょく画面から伝わって、キキ、がんばれ!いいじゃない…!その服だって似合ってるよと声を大にして言いたい。けど羨ましいよね。街には冷たい人もいるけど優しい人だって沢山いるわけで。パン屋のおソノさんなんて、まじ良い人…。ふくよかな人だなぁって思ってたけど、あれ赤ちゃんいたんですね。最後に知りました!今更っす!キキの魔力が終盤、弱まって飛べなくなるんですが、それと同時にジジも言葉を無くす。ただの猫さんになってしまうんだけど、なぜ喋らくなったのか…管理人の考察は、一つはジジは恋愛してただの猫になった…彼女をつくり普通の猫社会に馴染んだから喋らなくなった。ジジの魔力が逆になくなった。キキの魔力で言葉がわかるというのもあるけど、ジジも普通の猫じゃないだろってことで。二つはキキが自立した大人になったから。まだ不完全だけど、確実に成長した。ジジとの会話はじつは全て妄想。最後、キキがブラシで飛んで魔力が戻ったにもかかわらず、にゃーだったのは…もうジジと喋らなくても一人で大丈夫だから。って勝手に思ってるけどどうなんでしょうね。作った人にしかわからないのか、作った人もわからないのか。これもなにかのメッセージなんだろうけど、まだそこまで深読みできない!何度も見てんのに!!あと、お気に入りは絵のお姉さん。ウルスラって名前があるのに、物語では一回も呼ばれない。EDでも声優のみなのでわからない。けどとても重要な役。居なけりゃキキはどうなっていたんだ…というくらいに。話は後味よくて、スッキリするし元気になれる。今でも元気ないときに見ます。ちょっと明るくなれるんですよね。↓以下 気になるシーンとか

■絵に描いたようなキキ一家。お父さん、高い高いして~はヤバい。13歳であれはできない。管理人、若干ひく。
■突然の雨、貨物車で一夜をあかす。干し草が良い匂いなのは画面とおして伝わってくる。お気に入りシーン。
■作中の音楽の入り方が絶妙。OPのラジオからEDからサントラまで…心地よい。
■朝のキキ、トイレシーンはいらないんじゃ…と思ったら、わざと入れたらしいね。宮崎作品の女の子はう○こもし○こもしないんじゃない?という意見から、そんなことない!みたいな反発?ちゃんとリアリティーをだそうということだったと、どこかで読んだような聞いたような。
■初仕事なのにお届けものが結構雑な扱い。振り回して鳥を撃退するキキ。それ苦情くるから…
■ジェフ可愛い
■ニシンのパイのお婆ちゃんの優しさ…孫の態度の違いに真っ青。
■街並みが綺麗。細かく取材したのがわかる。スウェーデンらしいね。
■キキ、ツンデレというか思春期のあれ。本当は仲良くなりたいのに素直になれないの!
■キキとウルスラのシーン。飛べなくなったキキに対して。「そういうときはジタバタするしかないよ。描いて、描いて、描きまくる」でもやっぱり飛べなかったら?「描くのをやめる。散歩したり景色みたり、昼寝したり、何もしない。そのうちに描きたくなるんだよ」なるかしら?「なるさ」
■ウルスラ、自分の絵にたいして「今までのは全て人のまね。自分の絵を描かなきゃ」くるしかった?「それは今も同じ けど前より絵を描くってことわかったみたい」
■ウルスラの口癖「私そういうの好きよ」
■キキ「ここに会いにきていい?」ウルスラ「私もときどき会いにいくよ」キキの相手役はトンボでなくウルスラだと思ってます。ラブすぎる…。
■ニシンのパイお婆ちゃんからケーキのプレゼントで管理人号泣。
■まさかの…ブラシで空を飛ぶ。集中して飛ぼうと気をためてるシーンは無音で、ぞくっとしました。
■落ち込むこともあるけれど、私、この町が好きです。



PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)