忍者ブログ

彼岸島

監督 キム・テギュン  公開・2010

見終った後の第一の言葉、くそつまらん。
・ホラー、血が多くて怖め。原作の漫画でも血しかないようなものだから、それが実写となると更に生々しい。
・ふと垣間見せる高校生活のカットは見ていて唯一、和んだ
・ユキ、レイ役は合っていたように思える。しかし、加藤はない。ポッチャリキャラでも食いしん坊でもない。主要な仲間のバランスとしてデブは必要…なのは何となくわかるが、そもそも原作はデブじゃないし、あんな食いしん坊なキャラ付けをしなくても、十分、原作の加藤は加藤だ。顔だって思いだせるし、良いキャラだと漫画の彼が思い浮かんでくるほどだ。な・の・に!似ていなくても、原作に造形は近づけるべき。原作を愛してこその実写だと、それが基本の根底にあるのは絶対だ。逆に似ていないけれど、そのキャラに見えるとか、その世界で立ってるとかそういうのであれば見ている方も気にならないが、とても気になってしまうので成功したと言えないと思う。ケンちゃんの髪型などそこら辺は気にならなかったのはそういうこと。この映画を作っている人は、原作の彼岸島を愛しているのだろうか?私には思えない。別にそんなに好きでもないんじゃないの。げんなり。
・原作の醍醐味である放尿シーンのカット。最低。ホラーだろ?理不尽だろ?それが彼岸島だろ?徹底するべきだったと思う。漫画で、そのシーンって初めて見たとき衝撃だったからさ…これをカットするって…やっぱこの監督さん、原作好きじゃないだろ…。好きでこれ俺が映像化する!!っていう人だったら、これは入れるよ。そのせいで何もかも中途半端。
・村人集団はゾッとした。しかしババアの演技がわざとらしすぎて若干のイラつき。ユキも相変わらずイライラする性格である。
・吸血鬼な村人集団はゾッとして寒気がするほどだけど、それはホラーだけど、ホラーがもつ「最初から最後まで息が付けない」「いつくるかわからないドキドキ」…のどちらかだと思うけど、これは、そのどちらでもない。テンポよくないので簡単に息がつけるし、いきなり襲いかかっても驚くほどの演出でもないのでしらける。
・後半になるにつれ、だれた。40分くらいで、もう見なくてもいいと思った。むしろあと1時間弱も何するのって感じ。だいたい展開がわかる話でも最後まで見せてくれるのってあると思うけど、これは展開がわかる上、最後まで見たくもなくなる最悪のパターン。
・明と篤の兄弟愛を描きたいのは分かるが材料がなさすぎ。そもそも原作がそういう兄弟愛で泣ける話でもないんだから。ひたすらパニック系なんだから。こういう中途半端なの嫌いです。逆に無い方がいい。ちょっとあるだけでしらけるから。
・ユキがさらわれる必要性なし。いらないものがありすぎていらない。
・続編などさらさら見ない。むしろ無い。もう帰ってこないで。
・雅×篤 は萌え。「悪あがきも愛おしい…」 これだけが唯一の萌え。これだけでいい。
・2時間もいらない、ダイジェストで30分にまとめたやつ宜しく。
・効果音にびっくりするだけのホラー崩れ
・雅VS宮本兄弟という熱いクライマックスにも関わらず、アクションかっこよくない。たぶん役者さんはすごくいい、見せ方が駄目なんだろう…せっかく皆さんカッコイイのに演出のせいで残念すぎる…可哀想。
・色んなものを集めすぎた。お祭り騒ぎで散らばりっぱなし。
・あんなに再現した匂いもある村のセットが可哀想に思えてくるほどつまらなかった。
・主人公、明という人に入り込めない。何故この人が怒って戦いたいのか、起きていることや理由はわかるが、どれも遠くから見ているようで近くにこない。おそらく、人物がみな客観的に撮られていてアップとか少ないから…だと思うんだけど…。皆、均一なんだよね。
・ポンの死はかなり重要なとこなのに、あっさりしてて涙もでないし感情を無視されてる感じでだいぶしらける。
・最初の明が子犬をあやすシーン、いる?何のためにいれたんだあれ…。演出になんのこだわりもない気がする。ただ吸血鬼に襲われるドキュメンタリーを見ているような、でもまだ普通のドキュメンタリーのほうがまし。ここがいい!!という所が一つもない。
・篤と明に焦点をあてるなら、初めの子犬とか学校はカットして、篤が何故彼岸島にいるのかの説明から始まったら良かったんじゃ…サラリーマン襲われるシーンもカットしてさ…篤が涼子の島へ行ったくだりから始まって、雅解放しちゃった…ばーーーん!!で彼岸島始まれば良かったんじゃねぇの。そうすればもっと雅という恐ろしいキャラが立ったと思うんだけど。
・監督は彼岸島というものをもっと多くの人に見てもらうために年齢層を下げたとおっしゃったが、そうこう風に考えることからもう彼岸島を否定しているように思えます。残忍なのが彼岸島です。それでいいんです。アクションに力を入れたのはわかるけどさ…コメンタリーも途中で切った。特典などいらない。

原作愛を感じられず、何だか泣けてきました。2時間あるなら他の映画を見ます。本当に実写をやるなら、原作リスペクトしてください。好きでたまらないんだと思ってよ。見てるほうが辛いです。やっぱりわかってしまいますよ、出ちゃいますよ画面を通して、どれだけこの「彼岸島」が好きかっていう好き度が。もっと違う人が作った彼岸島が見たいです。ちゃんと原作を愛している人の。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

YES
思ってたこと言って頂きありがとうございます

コメント有難うございます。

まさか同じ感想をもたれていたなんて。何だか嬉しいです。ひどく書きすぎたかと思って萎縮していたので安心しました。ありがとうございます。

  • にーとん
  • 2013/07/12(Fri.)

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)