忍者ブログ

クローズZERO

監督 三池崇史 公開・2007

不良漫画の実写映画。漫画は未読なので比較ができませんが、これは漫画とは別の話で完全オリジナルストーリーだそうなので、原作を知らなくてもすんなり入り込めました。というか、これが実写だと考えないほうがいいと思いました。漫画のカリスマ度が高いので同じ所に無理にもっていくと失敗してしまう感じなのだろうと。話は単純に鈴蘭高校という不良偏差値最強の学校の頂点を目指すというもので、初めから最後まで喧嘩しっぱなし。途中、源治と拳さんが語ってるシーンがありますが、そんな小休止でさえ、はやく終わって喧嘩しろと思ってしまうほど、これは喧嘩がただ見たい話です。初めの多摩雄とパトカーの追いかけっこが何もかも壊しまくってて爽快でした。殴り合いは音といい、速度といい、力を感じられるアクションな撮り方でカッコよかったです。役の一人ひとりの学ランの着こなし方がかなりのファッションセンスでこれもカッコイイので、この役の人の格好真似したいとか、そういうのを見るのも楽しい感じ。何しろ俳優さんは若手の、今輝いている人達ばっかなので、全部カッコいいのは当たり前なのです。中でも多魔雄役の山田さんはかなり立ってます。小栗さんも自然体なのが違和感なく、全然溶け込みまくっているように感じるのですが、やはり、山田さんが良かった…。私は完全に芹沢派でした…。クライマックスの雨の中、全員黒い傘の中に王者の風格として漂う白いビニール傘が際立っていて、眼力だけで殺されそうな勢いなのが良かった。時生の手術が無事成功してそれもよかった。多摩雄と時生の友情、どうしてあそこまでお互いを思いあうようになったのか、そこら辺の描写が皆無なのでよくわかりませんが、まぁ、そんなことは関係ないのだろう、ただの喧嘩だから。人物の描写に欠けるところが感情を込めてハラハラとか無いから、若干の物足りなさだったのだろう。ただ遠くから観戦しているような見方でいいんだと思う。あと、面白いこれ!という気分にならなかった要因は、個人的に、女の子の使い方なのかな…最低な不良のあり方として女を囮にするとか、ありだけど、安っぽい。あとヒロインがいてもいなくてもいいっていう立ち位置で、もっとこう魅力的にみせたいならみせるでいいし、みせないなら、もうなくたっていい。これは喧嘩だけ。そこに徹していればよかった。組長と拳さんの絡みは最高、不良だらけの抗争最高、これだけでよかった。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)