忍者ブログ

ピーター・パン

監督 P・J・ホーガン  公開・2003

ピーターパンが美少年すぎてつらい実写映画。ディズニー版を見たことがないので、これを機にディズニーも見たくなりました。ファンタジーな世界が本当に現実感なくて夢の中にいるようでした…。空が綺麗で。雲が綿菓子みたいで。本気で雲に乗れるんじゃないかとか、この映画を見たあと、自然と雲眺めてますからね…。本当に映像が綺麗で色が鮮やかで、どのシーンも切り取って、絵画として壁に飾りたいくらいです。大げさすぎかもしれないが、本当に絵画レベル…絵画の中に人が動いてるみたいな映画。それでまたメッセージ性が強くて、リアルに共感する部分もあります。大人になるのが嫌でネバーランドに行ったピーター、けどお話が聞きたくてウェンディーを連れて来ちゃったピーター。その話はどれもロマンスなもの、お姫様と王子様の愛の話。ピーターは愛を知らない、愛することがわからない、永遠の少年だけども、実は彼も人間だから、そういう「愛」を知りたいし、でも否定したり、思春期特有の天の邪鬼な部分が大半を占めるので、もどかしいんですが…しかし最終的には「冒険」のほうをとり、ウェンディー達と別れます。生きることは冒険だ と言ったピーターの台詞が刺さります。ウェンディーも大人になるのを拒んでいましたが、ピーターに惹かれている自分の恋心を知り、大人にならなければならないという答えを出すのですが、最後のキスシーン良かったですね…。ウェンディーのキスを捧げる相手は旦那さんでなければならないのが本来の通常パターンなのですが、ピーターは大人にならないので、それができない。けれど、この初キスはピーターにあげるわと…。ロマンスや…。愛を知らなかった少年に愛を教えることができたウェンディーは、初恋の人でありお母さんでもある。このピーターパンという物語自体、大人になり結婚したウェンディーが子供に読み聞かせている話だったのですが、こうやってお話を語り継ぐことが、その次の世代にも伝わり、親から子へと、愛情として渡される感じで、温かいです。だからウェンディーは大人になって本当に良かった。ティンカーベル(妖精さん達)、人魚、フック船長、ワニ、タイガーリリーなど、個性あるキャラ達が皆輝いていて良かったです。妖精粉をふりかけてほしい気分っす。あと迷子少年達もママを見つけることができて良かった…。ピーターパンの作者、バリのお話が特典で入っていて、彼の育った背景にこのピーターパンという物語があると思うとかなりじ~んとします。本当に子供達を愛していたんだなぁと。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)