忍者ブログ

ロード・オブ・ザ・リング

監督 ピーター・ジャクソン  公開・2002

これぞファンタジー。この圧倒的世界観…。原作の指輪物語は読んだことがないのですが、読んでいなくても伝わってきます、原作に忠実だという事と、監督の指輪物語に対する愛情というか…本当に好きなんです!みたいな。原作読んでなくともほとんど話がカットされてない感じで十分理解できました(そのかわりとても長かった…)。メイキングで知りましたが、小道具を一から造ったという…そのこだわり半端ない。私達の日常に溢れていないものを造る。その世界の物を、文化から全て造る…この心意気は凄いです。どれだけの時間を要したのでしょう…考えられないですね。ニュージーランドがロケ地だそうで。まだ文明が支配していない、神秘と不思議が残っている地として最適だったよう…行ってみたいですね。そこで、撮影のためホビット村を造るんですが、昔からそこで住んでいるという生活感をだすため、映画撮影一年前から畑に野菜を植えたとか、よりリアルを追求していて感心しまくりでした。作品では特殊効果を使っていますが、トロルにしても、リアルな存在感を出すようにかなり工夫しているようです。というか、本当に化物が本物っぽいリアルな質感なので、ほぼ成功していると思います。本当に気持ち悪い生物だ。それに比べてエルフの美しいこと…エルフ役は背が高いといけないらしく、配役も入念すぎて、それがまたキャスト全員はまっていて成功していて、本当に(さっきから「本当」言いすぎですけど)良かったです。エルフ語何を言ってるのか分かりませんけど、実際にそのような言葉があるというのが驚き。歌のような、流れるような心地よさで耳に入ってくる言葉ですね…綺麗だぁ…。主人公フロドはホビット族なのだが、その小ささがなんとも萌えで。サムとピピンとメリー、4人の身長が同じくらいで、普通より足が大きく、背は1メートルちょっとしかないそうで。小さいのが一緒に群がって走ったりしてると何とも可愛くて抱きしめたく…なりますよ!!指輪をめぐる争いに、全く戦いとは無縁のフロドが巻きこまれ、指輪を破壊するという使命を背負ってしまう。しかし、指輪を無に帰さなければ、ホビットの村も日々の暖かな生活も無くなってしまうわけだから、愛する仲間、自分達の愛する土地を守るためにも、この運命を背負って一人耐え抜かなくてはならないんですよね。物語終盤、指輪のために集まった仲間達が、指輪のせいでバラバラになりかけてしまう。指輪の誘惑が人を狂わせてしまう…そんな狂気を見てしまうと、たった一人でこの使命を果たすほかないと思うのは当然。しかし、フロドをたった一人にしなかったサム。ガンダルフと約束した、「フロドから離れないこと」を全うするため。本物の忠誠心だよね…泳げないのにフロドを追って川で溺れてまで(涙)フロドの「サム、お前がいて良かった」が心に響きます。さまざまな種族の仲間達がなんとも個性的で、面白かったです。その関係性もはじめと少しずつ変わっていく様も見ていて和みました。ガンダルフの本気の戦いは、強すぎてやばかったんですが…やっぱりそこで死んでしまうのかと、泣けてきました。フロドに沢山の助言や格言を残してくれたガンダルフじいさん、一生皆の心に生き続けるよ(涙)ピピンとメリーの悪ガキコンビも可愛くて。お前らは何故ついてきた?とツッコミを言わざるおえないのだがそこが良い。旅の邪魔になるかとおもいきや結構強い。食いしん坊で、お菓子とソーセージのことしか頭にない。そんなひょうきんなキャラがいて場が和んで、必要な仲間です。…だからどうか無事でいてー!さらわれちゃって、どうなるか気になるとこで終わったから…アラゴルン達が助けてくれるって信じてます。このアラゴルンとボロミアの関係も良かったです。ボロミアがアラゴルンに心を開いて民への不安を語ってるとことか、最後、死ぬ間際に誘惑に負けてしまったことを全て話すところとか、二人の距離感が好きでした。レゴラスは非の打ちどころがないエルフなイケメンで、弓の的中率は半端ないし。ギムリはもうギムリっていうか、斧持たせたらもう敵はいないぐらいの安心感だし(でもなんとなく、一番初めに死んでしまうキャラだと思っていました、スミマセン)エルフのお姉さん、アルウェンは美しく強いし。キャラクターの魅力だけでどんどん引き込まれる、壮大なファンタジー映画でした。サウロンによって世界はまた闇になるのか、フロドは無事、指輪を葬ることができるのか、アラゴルン達はピピンらを助け、またフロドと再会できるのか…。続きが気になります。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)