忍者ブログ

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

監督 ピーター・ジャクソン  公開・2003

前回の続き、二作目である指輪物語、佳境です。死んだと思っていたガンダルフが生きていたり、新キャラが沢山登場したりで、長いけれどあっという間に映画を見ることができました。今回、ゴラムが重要なポジションな感じで、登場回数もかなりあり、彼の「善と悪」の葛藤が垣間見れました。フロドとサムを尾行し、指輪を奪い取ろうと必死なゴラム。捕えられますが、フロドの情けで殺されず、道案内役にされるという…。サムはゴラムを信じておらず、フロドの身を案じて彼を遠ざけようと必死。しかし、フロドはゴラムを本来の姿、指輪の執着から離れた「善」の彼に戻したいと、信じようとするのです…。サムが正しいのか、フロドが正しいのか…。それは三作目で明らかになると思いますが、悪の心がまたゴラムを支配しつつ、どう転ぶのかわかりません。どうかフロドを信じてくれとゴラムに言いたいです。何かあったらサムがゴラムを躊躇なく刺しそうですが…。以下長くなるので印象に残ったシーンを箇条書き

●レンバスというエルフの食べ物がクッキーみたいで上手そう●ガンダルフ最強すぎ●アラゴルン、レゴラス、ギムリが雄大な自然を走り抜けるシーン。とにかく壮大で、綺麗。ギムリが長距離苦手だから皆より遅れて走って、レゴラスに若干背中押されるような感じで良かった。ギムリが可愛くみえた…●ピピン、メリー、木人の背に乗りっぱなし。本編3時間もあったのに、ほぼ木のエントとの絡みしかない。何もできない非力さ…でも何かできることがあるはずだ。そんな一般人からの目線。一番感情移入しやすいキャラです。●アラゴルン、崖から落ちるも無事帰還。この人は人間なのだろうか。エルフのアルウェンとの恋が切なすぎる。エルフと人間の寿命の違いとか…住む世界が違うとか、種族が違う者同士の恋ほど切なく燃えるものはない…●ガンダルフ、灰色のガンダルフから「白」のガンダルフに。白く輝きすぎで見るのが辛いほど発光●ガンダルフVSモルゴスのバルログとの死闘、「奴を投げ落とし、山腹に打ち付けて息の根を止めた―――」魔法使い最強●ガンダルフの九死に一生体験…不思議な空間へ出て、そこには星達がまたたき…過ぎ去る一日が地上の一生より長かった――――(略)とにかくじいさん半端ない●ローハンの王、サルマンの呪縛から解かれる。若返りすぎ●ギルム、何か食いすぎ…でもギルムが可愛い。エオウィンを元気づけるような発言とか、優しい奴め…あの背が低いずんぐりむっくりな感じも可愛く…一部より更に味がでてる●エオウィン、アラゴルンに惹かれるという王道パターン…しかし私はギルムとエオウィンが良いです…●サルマンの兵が明らかに人多すぎで容赦なさすぎる●アラゴルンの馬が主人に献身的で泣けるほど可愛い。崖から落ちて倒れてるアラゴルンをぺろぺろ…可愛い…●ボロミアの兄登場で、前回のボロミアの死がこのための伏線だったと気づく。最後の最後で指輪にとらわれなくて良かった…サムの訴えが一番大きい●ローハンの兵にエルフの軍団が加わる。弓の命中率半端ない…●木人、エント、戦いに我らは関係ないと非協力的だったが、サルマンによって自然を破壊されたと知るや仲間のためにと容赦ない。水を呼んだり、敵を殴り殺しまくったり、木、強すぎて若干怖い。自然を操ることができる奴らが一番最強だと思うんだが●ローハンの兵、劣勢だったのにガンダルフ率いる兵の加勢で一気に勝利。ガンダルフ神すぎ●主人公フロド、ひたすら走る、歩く、捕まる。指輪の支配で精神的にかなり危うい。そこでサムの存在のでかさ…サムの精神力は並大抵のものではない。サム献身的すぎ●暗い物語の結末ではなく太陽が昇るような結末。決して主人公は道を引き返さない。命をかけて戦って守る、尊いものがこの世界にはある。いつかこの指輪をめぐる戦いは物語となって、自分の息子らに語るだろう―――というサムさんの語り●「サムがフロドを助けた」勇者はサム。あくまでサム推しなフロド

皆戦う理由は一つ、「仲間のため」なんですよね。世界のためとかそんなスケールのでかいことじゃなくて、身近にある尊い生活を守ること。それが自分達のすべて。物語も次で最終章ですが、終わりに近づいていることがわかります。一部では本当に少ない仲間達だけで、サウロンと戦えるのか不安すぎて、先行き暗かったのに、渓谷での戦いに勝利したり、未来に光が見える展開で安心。そして何より指輪がどうなるかが一番気になるところです…。フロドの苦しみを解放し、物語初めの、ホビットの村にいる元気な彼をはやく見たいのですが。肉体的には戦ってなくとも精神の戦いも同じくらい辛いので。幸せになってくれと願わずにはいられない…。ゴラムはCGで造られていますが、リアルに物体を感じられる人ですよね…。生々しくて。人間の動きを見てCGを造ることでよりリアルになるんですね。キャラ達の内面が一部より更に濃くなって一人一人を愛情もって見守ることができます。だから最後まで生き残ってほしいのですが。二部は戦いが中心なので、馬を使った戦闘シーンや弓で射るシーンや、とにかく目が離せない展開。特殊効果とか気にならないぐらい本物みたいで。全くダレずに続きが気になります。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)