忍者ブログ

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

監督 スティーヴン・スピルバーグ  公開・1984

分かりやすい冒険活劇!見た後スッキリするし、素直に楽しませてもらった感じで、面白かったです。始めから終わりまで息つく暇を与えず、終始ハラハラドキドキ。ユニークなキャラも、コントのようなやりとりもテンポがよくて笑えました…。悪人も悪人なんですけど、どこか憎めず、宗教団体の群衆がひょうきんすぎ…。落ちて死亡しても潰されても何故かさほど残酷さがない…むしろ笑えるのは何故だ。騒がしい人達大好きなので見ててあきません。色んな玩具がつまったびっくり箱のような映画です。特にお気に入りなのは宮殿でのゲテモノ料理フルコース。ウィリーのリアクションがいちいち大げさで…隣のショーティの方が冷静というのが良いですね。脳みそシャーベット、蛇のびっくり料理…斬新ですよね。これでもかというほど気持ち悪くて!ここまでいくと清々しくて良いです。物語導入部で、インディが中国の奴らにはめられて毒入りの酒を飲んでしまうのですが、「その毒は早くまわるから死ぬぞ」って言われてるんですが…解毒剤を奪うまでの乱闘時間…ショーティの車に辿りつくまで…けっこう時間かかったよね…あれインディじゃなかったら死んでる。そしてショーティ…あんたは万能すぎる。何故車を運転できる?ゲーム感覚か!!インディが危機にさらされているとき、絶対にショーティは助けようとする。相手は大人なのに…何人もいるのに。その心意気、凄い。あっさり捕まるけど大好き!!ずる賢く素早いショーティ…良いキャラしてます。ラスト近くでインディがショーティを抱きしめるのですが、ウィリーというヒロイン(ギャグ色が強いので綺麗なのに損してる…だけどそこが好き)がいるのに、このおっさんと少年のやりとりの方が何かエロいです。純粋な愛情…ですよね。良い相棒だ…。そしてラスト、畳みかけるように、トロッコ→水→吊り橋 はハラハラの極致でした。アトラクションです…完全に自分も乗ってます。ここまで楽しませようとする監督のサービス精神、溢れんばかりなのが伝わってきて有難うでした。で、最後の最後でウィリーをムチで捕まえるというインディ…ラブだけどそれおかしいから!!絶対にインディとウィリーはそういう仲じゃない、おかしすぎるギャグだろ全て…しかしこの二人のやりとりも面白かったです。ショーティほど愛情は感じませんが、ハチャメチャで。悪者は完璧に叩きのめし、無事、サンカラストーンも取り返し、困っていた村を救い、良かった…良かった…でした。単純な面白さを極めるやり方。エンタメってこれだよな!という映画です。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

ブログ


URL:http://tugu.kagome-kagome.com/ B*URL:http://file.tugu.kagome-kagome.com/eiga.jpg
リンクフリーです。
映画、アニメ好きさん歓迎です。

バーコード

訪問者(2013.1.24~)